シティバンクとウエートに

videolar.org

スピリチュァル・カウンセラーにウエートと

ですから老人介護の現場では、老いた親を客観的に噸屯できる他人が間に入ったほうが、親にとっても、子にとってもいい関係が保てることが多いのです。どんな年代でも、不安を増幅し合う悪循環が始まったら、どこかで一度離れてみる、その関係を考え直してみることが必要です。誰かほかの人に相談してみる、第三者のⅡで分たちを見てもらうなど、どんな方法でもかまいません。当邪者どうしでガッチリと噛み合って、抜き差しならなくなった関係に風穴をあけることが、悪循環を解消する第一歩です。若い証券交際クラブと韓国にたちがそのいい例だと思う。世の中は、一億総おぼっちやま化の時代に突入したようである。みんな甘やかされ、何でも手に入る状態に生まれ育ち、つまり、時代が育てたおぼっちやまたちばかりになってしまったというわけである。逆境に対応できない弱さ話は少しそれるが、そんなことを考えている時、私はふっと何年か前の高校野球を思い出した。いつの大会の時だったか、春だったか夏だったかも忘れてしまったのだけれど、富山代表の紙灘どいう高校が大活躍をした時のことである。カゴを毎日掃除しなければならず、一日でも二日でも休むと耐えられないほどの悪臭を放ちます。むろん、ウサギは外で飼うこともできますが、そうなると忘れられがち。子どものほうも興味が長つづきしません。あまり人なつこいペットではないし、飼い主に忠実でないからです。子どもの遊び相手にならず、つねに逃げようとします(だからといって、どうして彼らを責められましょう)。子どもや友達がかまれる危険もかなりあります。とてもたくましい歩み方だったと感心しているよ。だから、何事においても後悔はしていないはずです。そして、いまも一生懸命に努力し、がんばっていると思っています。あなたは、よく人から「由美は強いよね」と言われているけれど、強いだけの人間なんていないよね。人にみせているのは、あなたの強がりであることを私は知っています。そうしていないと、まわりにたくさんの笑顔をみせられないんだよね。各地のラーメンを食べ歩くなどの〃一点集中型〃食マニアの性格は、ひとつのことに凝り出すと止まらない粘着性気質で、情報収集をコッコッと行う、凡帳面な性格ももっています。また、自分のホームページなどで写真や記事を載せている人は、周りの人にも評価してもらいたいという自己顕示欲も旺盛と見て間違いありません。ただしでも述べましたが、ラーメンの写真を撮るために、込んでいる店で照明がどうの、アングルがどうの……とやっているうちに、ラーメンそのものの味は落ちてしまいます。善意に解釈すれば、人間関係をスムーズにするため、仕事後のアフターファイブで一杯やりながらいわゆる「ノミニケlション」によってコミュニケーションを良くする効果があるのだろぅ。極めて日本的だが、必ずしも日本だけでなくて、中国、韓国、台湾などでも官僚に見られる傾向である。中国では「文山会海に遊ぶ」という表現がある。「文書の山と会議の海に遊よ宮本位制度」という意味だが、その「会海」には公費接待や企業の接待がつきものである。しかし、いまは一、三時間後に新しいものが出来るのが当り前のこととして期待される。また、昭和三九年に東海道新幹線が開通したが、その前は東京から京都への出張は一泊三日ぐらいの日程であったが、開通後は日帰りを求められることとなった。はじめのうちは便利で省力化、あるいは精度の向上に役立ったOA化、技術革新、QC(クォリティ・コントロール)などが、いつの間にか人間を管理しふり回すようになっているのである。割り当てられるリスク資本に限りがあれば、とる■理念なきリストラが招く死の連鎖■理念なきリストラの弊害<コストー律カット〉くリスク一律カット>再生への望みを断ち切る施策与べきリスクをよりいっそう厳選するのも当然のことだ。そういう事態になればこそ、企業としてどこに経営資源を注入し、どういうリスクをどのようにとっていくのかを示すことが、再生のためには必要不可欠な要素となる


ホーム RSS購読 サイトマップ